• 2021年11月30日
  • 2021年12月3日

アルコール依存症にならないためにマグネシウムサプリメントを摂取する重要性

いったんアルコール依存症を抱えてしまうと、仮に治ったとしてもまたお酒を飲んでしまうことが多いためにスムーズな社会復帰が難しいと言われています。 だからこそ事前に家族や医療者が介入して、患者さん自身へお酒の飲み方や過剰飲酒に伴うリスクに対する啓蒙活動からしっかりと始める必要があります。

  • 2021年11月29日
  • 2021年12月3日

変形性頚椎症に伴う脊髄症にならないためにマグネシウムサプリメントを摂取する重要性

多くの場合、50歳を過ぎて以降に加齢に伴って大きな変化が生じやすいことから本疾患は50歳以降に発症しやすい病気と考えられています。 そして、マグネシウムは生体内で様々な反応に関係する必須電解質のひとつであり、生体内ではそのほとんどが骨や筋肉などの組織に存在していると言われています2)。

  • 2021年11月28日
  • 2021年11月17日

妊娠悪阻にならないためにマグネシウムサプリメントを摂取する重要性

妊娠悪阻とは、一般的に妊娠初期に頻回な吐き気や嘔吐が生じることで体内から水分や電解質が失われると同時に、妊婦さんにとって生体の恒常性を維持するために必要なエネルギーや栄養素を十分に補うことができなくなる病気を指します。 妊娠中の栄養補給の有無は胎児の発育に大きな影響を与えると考えられており、母体内で十分なミネラル成分の栄養をもらって産まれてきた場合とそうでないケースにおいては、身体的ならびに精神的に一定の差があることが知られています。

  • 2021年11月27日
  • 2021年12月28日

アトピー性皮膚炎にならないためにマグネシウムサプリメントを摂取する重要性

アトピー性皮膚炎とは、一般的に皮膚に存在するバリア機能が低下して、かゆみを伴う湿疹が一進一退で良悪する状態を繰り返す病気のことです。 通常では、幼少期に発病することが多く、成長と共に少しずつ症状は改善していきますが、時に成人の方でも数%の方が罹患して持病として抱えていると言われています。 これまでの数々の研究によっても明確な発症メカニズムはいまだに解明されていませんが、遺伝性に発病する、あるいはアレルギーを起こしやすい生来の体質などが発症に関与していると考えられています。

  • 2021年11月26日
  • 2021年12月3日

尿路結石にならないためにマグネシウムサプリメントを摂取する重要性

通常では、腎臓で濾過された尿は、尿管を通過し膀胱へ溜められて尿道を通って排泄されますが、この腎臓から膀胱、そして尿道の間にできる結石を、通常尿路結石と言います。 小さな結石が腎臓にできても無症状な場合がほとんどですが、この結石が腎臓から流れ出た途中で詰まってしまうと、わき腹~下腹部などの激しい痛みや血尿などの症状が出現することになります。

  • 2021年11月25日
  • 2021年12月3日

性感染症にならないためにマグネシウムサプリメントを摂取する重要性

性感染症は、いわゆるセックスをはじめとする性行為などによって感染する病気のことを総称して指します。 現在では法改正により、「性感染症」という名称や「STD(「Sexually Transmitted Diseases」の頭文字)」という名称で呼ばれるようになってきました。 また、性行為で感染するという意味合いを込めて、この病気を総称して、性感染症(STI Sexually Transmitted Infection の略)と言うこともあります。 性感染症は、治療が遅れるほど治りにくくなるため、早期発見、早期治療が大切です。

  • 2021年11月24日
  • 2021年12月3日

急性胃炎にならないためにマグネシウムサプリメントを摂取する重要性

食生活の乱れやストレスなどが原因となる急性胃炎にならないために、胃にやさしい生活を極力送るように常日頃から認識しておきましょう。 そして、私たちのからだの中に確かに存在して色々な生命活動をサポートしてくれているミネラルの中でも、特に現代の人々における心身の健康のために欠かせない代表格が、「マグネシウム」であると言われています。 マグネシウムは生体内の約300種類の酵素をサポートする補助酵素としての重要な役割を果たしていることは周知の事実です。

  • 2021年11月24日
  • 2021年12月3日

腎盂腎炎にならないためにマグネシウムサプリメントを摂取する重要性

主な原因として細菌が膀胱から尿の流れとは逆行性に侵入することによって生じる感染症です。 いわゆる腎盂と呼ばれる部位は、腎臓と尿管の接続部分のことを指します。 一般的には腎臓で作られた尿は腎杯を経由して腎盂に集まり、さらに尿管から膀胱へと流れていきますが、通常は無菌状態です。 ところが、腎盂腎炎では膀胱炎の後に起こることが多く、多くは左右対にある腎臓のうち、片方に細菌が繁殖して起こります。

  • 2021年11月23日
  • 2021年11月2日

マタニティブルーズにならないためにマグネシウムサプリメントを摂取する重要性

マタニティブルーズとは、一般的には産褥期に見られるとされる軽度の抑うつ症状や精神的な不安定さ、あるいは涙もろさなどを主症状とする一過性の症候群を指します。 この疾患では、主に産後3~5日頃に最も症状が現れやすく、通常では産後数週間が経過すれば自然と状態が改善していくことが多く、約3割の女性が経験すると伝えられています。 マタニティブルーズは出産後に誰にでも発症する可能性があり、予防方法があるならば知っておいて損はないだろうと考えます。