CATEGORY

整形外科的疾患

  • 2022年1月6日
  • 2021年12月15日

肋骨骨折を予防するのに今マグネシウムが注目されている?

肋骨骨折を引き起こす原因は机やタンスの角に胸部を打撲するなど軽度の外力によるもの、あるいは交通事故や高所からの転落といった多大な外力によるものが考えられます。 また、単純にゴルフのスイングなどの動作で体を捻ることによって発症することもありますし、基礎疾患などによって繰り返される咳行為で肋骨が骨折することもありえます。

  • 2022年1月5日
  • 2022年1月18日

化膿性脊椎炎を予防するのに今マグネシウムが注目されている?

化膿性脊椎炎は、主に中年者から高齢者に発症し、必ずしも背部痛や腰痛など全身症状が明確に示されないこともまれでは無く、加齢による腰痛としてしばらく経過観察されて診断が遅れることもありますし、不明熱として確定診断に至らずに難渋することもあります。

  • 2021年12月28日
  • 2021年12月15日

腰椎圧迫骨折を予防するのに今マグネシウムが注目されている?

腰椎圧迫骨折という病気は腰椎の椎体に外部から圧力がかかることで生じる骨折であり、我慢できないほどひどい腰痛症状を訴える人が多く、特に高齢女性に多く見られる疾患であると言われています。 基本的な治療方法は、コルセットで腰部を固定して日常生活においても姿勢を矯正する、または症状が強い際には安静を保持するなどの保存療法が実践されますが、対症療法でも治療効果が十分に得られないケースや神経症状が顕著である場合は手術療法も考慮されます。

  • 2021年12月22日
  • 2021年12月15日

横紋筋融解症を予防するのに今マグネシウムが注目されている?

横紋筋融解症とは,筋肉を構成している骨格筋細胞に融解や壊死変化が起こって筋肉の成分が血液中に流出してしまう疾患を指します。 ミオグロビンが大量に血中に流出する際に腎臓に大きな負担がかかるために尿が出にくくなる、あるいは茶褐色の尿が排出されるなど腎機能障害やミオグロビン尿が認められることがあります。

  • 2021年12月19日
  • 2021年12月15日

反応性関節炎を予防するのに今マグネシウムが注目されている?

反応性関節炎という病気は、通常では様々な感染症を罹患した後に起こる関節炎を主体とした炎症性疾患です。 つまり、反応性関節炎の症状が現れる数週間程度前に下痢嘔吐症状や尿道炎所見などを代表とする細菌感染のサインが認められるのが一般的な流れになります。

  • 2021年11月29日
  • 2021年12月3日

変形性頚椎症に伴う脊髄症にならないためにマグネシウムサプリメントを摂取する重要性

多くの場合、50歳を過ぎて以降に加齢に伴って大きな変化が生じやすいことから本疾患は50歳以降に発症しやすい病気と考えられています。 そして、マグネシウムは生体内で様々な反応に関係する必須電解質のひとつであり、生体内ではそのほとんどが骨や筋肉などの組織に存在していると言われています2)。

  • 2021年11月22日
  • 2021年12月3日

歩行障害にならないためにマグネシウムサプリメントを摂取する重要性

歩くことは我々人間にとってもっとも基本的な能力の一つであり、歩行障害による生活上の制限や支障は計り知れずその予防策を知っておくことは有用と考えられます。 日常生活において歩行することは単に移動手段として捉えるだけではなく、体力不足や認知機能低下を回避する点でも医学的に一定の効果があると信じられており、まさに自分らしい快適な生活を送るために非常に重要な動作となります。

  • 2021年11月21日
  • 2021年12月3日

半月板を損傷しないためにマグネシウムサプリメントを摂取する重要性

日常臨床現場においては、「半月板損傷」によってひざ関節の疼痛や可動域制限が認められることは近年では多くなっています1)。 一般的に、半月板損傷という病気は膝関節の内部にある半月板と呼ばれる組織があらゆる物理的影響などによって損傷を受けて色々な障害を引き起こす疾患です。 通常では、半月板には膝関節部においてクッションのように衝撃を干渉させる役割、あるいは周囲軟骨組織の保護および安定化という点で重要な任務を担っています。