マグネシウム
データベース

世界の臨床試験・研究論文データを基に
マグネシウムの重要性を発信

  • 2021年10月16日
  • 2021年10月12日

顔面神経麻痺にならないためにマグネシウムサプリメントを摂取する重要性

顔面神経麻痺は、顔面の筋肉を動かす神経に麻痺が生じる病気です。 この疾患は、大きく中枢性のものと末梢性のものに分けられ、中枢性のものは、脳出血、脳梗塞、脳腫瘍などを原因として発症する一方で、末梢性では、主にヘルペスウイルスの再活性化が原因となります。 原因の割合としては、統計学的に末梢性の顔面神経麻痺が大部分を占めています。 顔面神経麻痺は発症してから1週間前後かけて麻痺が進行していくことが多いです。 一方で、私たちのからだの中に確かに存在して色々な生命活動をサポートしてくれているミネラルの中でも、特に現代の人々における心身の健康のために欠かせない代表格が、「マグネシウム」です。

  • 2021年10月14日
  • 2021年10月12日

エコノミークラス症候群にならないためにマグネシウムサプリメントを摂取する重要性

エコノミークラス症候群とは、長時間にわたる飛行機への搭乗などによって足の血流が悪くなり、足の静脈のなかに血栓(血の塊)ができることによって、さまざまな症状が現れる病気を意味しています。この疾患における特徴的な症状は、突然の胸の痛み、呼吸困難や息切れ、咳や血痰です。重症の場合には、意識障害が起きたり、ショック状態となったりする恐れがあるとされており、放置すれば命にかかわることがあります。

  • 2021年10月12日

骨粗鬆症にならないためにマグネシウムサプリメントを摂取する重要性

骨粗鬆症とは、骨の強度が低下して脆弱化して骨折しやすくなる病気です。 骨の強度が低下する主な要因としては、女性ホルモンであるエストロゲンの欠乏、加齢、運動不足などの生活習慣の3つが考えられます。 骨粗鬆症では骨折しやすくなるだけでなく、体全体の不調を招きかねない病気と捉えられています。 本疾患では薬剤治療が中心となりますが、食事や運動といった生活習慣の改善も重要な観点となります。

  • 2021年10月7日
  • 2021年9月23日

統合失調症を抱えた人がマグネシウムを摂取する意義

この病気は、幻覚や妄想を代表とする精神症状や意欲や意思など自発性に関する機能低下、ならびに認知機能が衰えるなどを主体とする精神疾患です。 主に好発時期として思春期から青年期にかけて発症し、男女間で概ね罹患率に性別差はみられないとされています。 通常では男性の場合に女性と比してより重症化しやすいことが知られています。 統合失調症を発症させる理由になり得る原因として日々の生活におけるマグネシウムの摂取不足が挙げられます。 特に、マグネシウムは、人体にとって必須のイオンとされており、日々の健康と生活を支えて維持するのにとても有益な役割を有しています。

  • 2021年10月5日
  • 2021年9月23日

急性心筋梗塞にならないためにマグネシウムを摂取する意義

マグネシウムは特に、脳や心臓、そして筋肉部位において重要なミネラルであり、不足すると代表として急性心筋梗塞などの疾患につながりやすい栄養素であることが分かってきております。 そして、マグネシウムの欠乏が高血圧や心筋梗塞症、糖尿病、脳血管疾患、腎疾患の発症に関与していることが分かってきており、マグネシウムというミネラルは種々の生体機能に重要な役割を果たしています1)。 さて、そんな重要視されているマグネシウムと近年本邦でも生活習慣病に関連している急性心筋梗塞に関して話題を取り上げたいと思います。

  • 2021年10月2日
  • 2021年9月23日

適応障害にならないためにマグネシウムを摂取する意義

適応障害の原因となる主なストレスとしては、まさに我々が過ごしている日常生活にあふれており、仕事や家庭、そして学校や病気など多種多様の因子が考えられます。 日常生活の中で、何かのストレスが原因となって心身のバランスが崩れて社会生活に支障が生じて過剰な身体反応が起こった状態を適応障害と呼んでいます。 つまり、適応障害では誰でも遭遇し得るストレスを体験することによって精神的ダメージを受けて適応できなくなります。

  • 2021年9月27日
  • 2021年9月15日

パーキンソン病の患者様がマグネシウムを摂取する意義

パーキンソン病には調子が良い時と悪い時があり、普段はある程度の自立生活を送っていた人がしばしば寝たきりや認知機能低下を来すことがみられます。 また、パーキンソン病に対する薬剤をきちんと服薬できずに、幻聴や幻覚、不眠や不穏といった精神症状が認められることがあります。 パーキンソン病の方は自律神経障害をきたし便秘傾向になり、また嚥下機能が低下しやすく誤嚥性肺炎を引き起こす可能性があります。

  • 2021年9月25日
  • 2021年9月9日

脳梗塞を発症した人がマグネシウムを摂取する意義

脳の大血管が詰まって血が通わなくなり、脳の一部組織が壊死してしまう病気が脳梗塞です。 脳梗塞は一刻を争う病気です。 不幸中の幸いで一命を取り留めた場合も、残念ながら約7割に後遺症が残るといわれています。 疑わしい症状が現れたら直ちに救急車を呼び、脳梗塞の脅威から身を守るように努力しましょう。 実際には現代を生きる人々においては慢性的にマグネシウム不足している現実があります。

  • 2021年9月21日
  • 2021年9月3日

メタボリックシンドロームを抱えた人がマグネシウムを摂取する意義

メタボリックシンドロームは日々の運動不足、日常的に偏った食生活、また睡眠不足など生活リズムの乱れやストレス、喫煙歴といった好ましくない生活習慣が積み重なることによって生じます。 特に偏った食事に関しては、メタボリックシンドロームの発症に大きく関わっており、適正カロリー数をオーバーした食事内容や脂質・糖質・塩分の多い食事スタイルには十分注意しましょうね。 また、メタボリックシンドロームは、好ましくない生活習慣によって内臓脂肪が蓄積されてしまうことが大きな原因となっています。