AUTHOR

  • 2022年3月9日
  • 2022年2月3日

心室頻拍を予防するのに今マグネシウムが注目されている?

「心室頻拍」と呼ばれる病気は頻脈性という脈が速くなる不整脈の一種であり、契機となる原因により心臓の中でも心室という部位が通常よりも早いペース(おおむね1分間に120回以上)で興奮する状態を指します。 その背景には、急性心筋梗塞や心不全などを始めとする器質的な心臓病によって発症するタイプのもの、あるいは心臓病がないのにかかわらず特発的に発症するものに分けられます。

  • 2022年3月6日
  • 2022年2月3日

まだ間に合う!?心室細動を予防するためにやっておくべきこと

一般的に頻脈性不整脈では心臓内に複雑で電気的に異常な興奮波が発生することが知られており、特に「心室細動」と呼ばれる不整脈では心臓突然死につながる致死性疾患であると認識されています1)。 この心室細動という不整脈では、1分間におよそ200~300回以上の頻度で不規則に心室が細かく震える状態を指しており、この状態に陥ると心臓が正常に機能できずに全身に血液を循環させることが不可能になってしまいます。

  • 2022年2月28日
  • 2022年2月3日

肉離れを予防するのに今マグネシウムが注目されている?

「肉離れ」という言葉をよく耳にする方も多いと思いますが、一般的には身体の筋肉の一部が外力などの影響を受けて断裂した状態を指しています。 通常では、スポーツや運動競技をしている際中に肉離れは起こりやすく、急激な筋肉の収縮が引き起こされることによって発症するとされています。

  • 2022年2月25日
  • 2022年2月3日

手指骨骨折を予防するのに今マグネシウムが注目されている?

手指骨骨折とは、いわゆる手指部の骨に引き起こる骨折病変を意味しており、一般的な他の部位の骨折と同様に転倒などの外傷を契機に手指部に強い外力が加重されることで発症します。 本疾患は他の部位の骨折病変に比べて軽視されやすい傾向にありますが、新鮮時に適切な治療を実施しないとその後に指の変形や関節の拘縮などの後遺症を合併することもあるので十分に注意が必要であると言われています1。

  • 2022年2月22日
  • 2022年2月3日

子宮体癌を予防するのに今マグネシウムが注目されている?

良く勘違いされやすいのですが、同じ子宮臓器に生じる子宮頸がんとは腫瘍が発生する場所が異なっており、それらの疾患の原因や治療の方向性などが全く別の病気になります。 2017年の段階で約1万人を超える方が「子宮体がん」と診断されており、患者数そのものでは子宮頸がんを上回ります。

  • 2022年2月15日
  • 2022年2月3日

老年期精神病を予防するのに今マグネシウムが注目されている?

特に、認知症を基礎疾患として有している人ではその妄想の具体的な内容としては、物盗られ妄想が多くみられますし、それ以外にも生命の安全への危険などの被害意識を主徴とする妄想や見当識障害並びに状況認知の障害に起因した妄想などを認めることもあります。

  • 2022年2月13日
  • 2022年2月3日

慢性胃炎を予防するのに今マグネシウムが注目されている?

慢性胃炎を引き起こす主たる要因はヘリコバクターピロリ菌による持続感染であると考えられており、多くの場合には免疫機能が十分に発達していない幼少期に初期感染すると言われています。 逆に成人になってから感染する例はほとんどないと伝えられており、これらの背景には衛生状況が大きく関与していると考えられていますが、現代の我が国の衛生環境の高水準から推定すれば今後ピロリ菌の感染率は低下していくことが予測されます。

  • 2022年2月11日
  • 2022年2月3日

高血圧を抱えた人がマグネシウムを摂取する意義

粥状性の動脈硬化はマクロファージの集簇や血管平滑筋細胞の増殖に特徴づけられる炎症性病態とも考えられており、その発症や進展を促す危険因子として代表的なものに高血圧が主に知られています。 そして、これまでに多くの疫学調査や臨床試験によってマグネシウムと血圧に関する報告がなされてきました。

  • 2022年2月9日
  • 2022年2月3日

まだ間に合う!?メタボリックシンドロームを予防するためにやっておくべきこと

メタボリックシンドロームとは内臓脂肪が過剰に蓄積されている状態のみならず、血圧上昇や空腹時高血糖、あるいは脂質異常値などが全般的に認められる症候群を指しています。 厳密には本疾患は正式な病気として位置づけられていませんが、メタボリックシンドロームは肥満、糖尿病、高血圧、脂質異常症などの生活習慣病と並んで、血管の動脈硬化を悪化させて心臓病や脳卒中の危険性を高めると考えられています。

  • 2022年2月7日
  • 2022年1月18日

肺化膿症(膿胸)を予防するのに今マグネシウムが注目されている?

肺化膿症(膿胸)とは肺臓空間に主に細菌感染によって膿成分が貯留して強い炎症像を呈する病気であり、誤嚥性肺炎などの疾患に続いて発症することもありますし、敗血症に関連して発病することも考えられます。 肺化膿症を発症すれば発熱や痰、咳などの呼吸器症状が現れ、原因菌によって発症経過は様々なパターンを呈します。