AUTHOR

nathan+1@invigoo.jp

■専門分野 救急全般、外科一般、心臓血管外科、総合診療領域 ■プロフィール 平成19年に大阪市立大学医学部医学科を卒業後に初期臨床研修を2年間修了後、平成21年より大阪急性期総合医療センターで外科後期臨床研修、平成22年より大阪労災病院で心臓血管外科後期臨床研修、平成24年より国立病院機構大阪医療センターにて心臓血管外科医員として研鑽、平成25年より大阪大学医学部附属病院心臓血管外科非常勤医師、平成26年より救急病院で日々修練しております。 ■メッセージ 私はこれまで消化器外科や心臓血管外科を研鑽して参り、現在は救急医学診療を中心に地域医療に貢献しております。日々の診療のみならず学会発表や論文執筆等の学術活動も積極的に行っております。その他、学校で救命講習会や「チームメディカル:最前線の医療現場から学ぶ」をテーマに講演しました。以前にはテレビ大阪「やさしいニュース」で熱中症の症状と予防法を丁寧に解説しました。大阪マラソンでは、大阪府医師会派遣医師として救護活動を行いました。

  • 2021年9月14日
  • 2021年9月3日

パニック障害を抱えた人がマグネシウムを摂取する意義

パニック障害では基本的にパニック発作を何度も繰り返す経過をたどります。 はじめの頃は発作に対して過大な心配をしてくれていた家族及び友人や職場の同僚たちも、医療機関で調べた結果で体のどこにも異常がないと判明すればだんだん理解されなくなってきます。 本当のところは、とても症状発作が苦しくて不安に苛まれているのに、誰からも理解されず協力してもらえないことは大変つらいことです。 パニック障害に陥った時にはマグネシウムを摂取すると症状が改善される期待感があることを知っておくと良いでしょう。

  • 2021年9月12日
  • 2021年8月31日

うつ病を抱えた女性がマグネシウムを摂取する意義

うつ病はストレスを誘因にして発症することが多いために過度なストレスがかからない居住環境において心の休養を十分にさせることが重要です。 たとえば、仕事量が急激に増加したことがきっかけでうつ病を発症した場合には仕事量の軽減や自宅療養して安静を保つなどの措置が行なわれます。 そして、マグネシウムは、人体にとって必須のイオンとされており、日々の健康と生活を支えて維持するのにとても有益な役割を有しています。

  • 2021年9月8日
  • 2021年8月31日

急性冠症候群を抱えた高齢者がマグネシウムを摂取する意義

冠動脈が動脈硬化を起こすと、脂質異常症のみならず高血圧などが誘因となって形成される冠動脈の硬化性変化に伴って冠状動脈の血行障害が起こり急性冠症候群を発症することに繋がります。 急性冠症候群の予防や治療については、まずは基本的には日々の生活習慣スタイル、つまりマグネシウムなどのミネラルを意識した食事内容と定期的な運動による改善という観点を中心に行います。

  • 2021年9月5日
  • 2021年8月31日

運動する人が熱中症予防にマグネシウムを摂取する意義

熱中症については、従来から高温多湿環境下での労働や運動による活動で多く発生しており、多かれ少なかれ運動する人にとっては死活問題です。最近ではヒートアイランド現象や地球温暖化による影響により、運動時以外に一般環境においても熱ストレス源が増大して、ただでさえ日常生活レベルにおいても熱中症が起こりやすいことが指摘されています。周知の事実ですが、体の中の水分が不足すると、熱中症をはじめとしてさまざまな健康障害のリスク要因となります。

  • 2021年9月2日
  • 2021年8月23日

若年女性がマグネシウムを摂取する意義

精神的にも不安定になりやすい妊娠期に妊娠悪阻を何とか改善したい、あるいは元気な赤ちゃんを無事に出産したい若年女性の方はマグネシウムをはじめとするミネラル摂取を意識した快適な日常生活を過ごせるように工夫しましょう。 そして、若年女性では頭痛やうつ症状と上手に付き合っていくために、食事内容やサプリメントをうまく活用することによって症状を軽快させて実り多い生活を送りましょう。

  • 2021年8月29日
  • 2021年8月20日

妊婦がマグネシウムを摂取する意義

これらの妊娠初期における妊婦さんの体調不良には、主にビタミンやミネラルの不足も大きく影響していると言われています。 そして、妊娠中に特に重要になる栄養素には、葉酸やビタミンB群、そして鉄分に加えてカルシウムやマグネシウムなどが挙げられます。 妊娠期には、ホルモンの分泌が通常期と異なるため、妊婦さんのカルシウム代謝に大きな影響を与え、胎児の骨成分を作るために母体のカルシウム量が減少して、骨が脆弱になりやすくなります。

  • 2021年8月25日
  • 2021年8月20日

マグネシウムはどのように身体に影響するのか

こうしたマグネシウムが関与している生理的な役割としては、例えば蛋白質の合成や神経伝達物質の制御などが挙げられ、他にも心機能状態の維持、筋収縮などにも重要な関与をしていると言われています。ですから、マグネシウムが生体内で足りなくなると低マグネシウム血症が引き起こされるリスクが高まり、さらに低カルシウム血症が助長されて、骨粗鬆症や冠動脈狭窄などの虚血性心疾患、あるいは筋肉部位の痙攣や不整脈、そして下痢や便秘などの腹部症状が現れます。 

  • 2021年8月23日
  • 2021年8月20日

マグネシウムのサプリは効果的なのか

【はじめに】 マグネシウムは体内に多く含まれているミネラルの一種であり、一部の食物にも含有されています1)。 一方で、他の食物にあらかじめ添加されている場合や、一部の医薬品にも配合されているケースもあ […]