TAG

統合失調症

  • 2021年10月7日
  • 2021年9月23日

統合失調症を抱えた人がマグネシウムを摂取する意義

この病気は、幻覚や妄想を代表とする精神症状や意欲や意思など自発性に関する機能低下、ならびに認知機能が衰えるなどを主体とする精神疾患です。 主に好発時期として思春期から青年期にかけて発症し、男女間で概ね罹患率に性別差はみられないとされています。 通常では男性の場合に女性と比してより重症化しやすいことが知られています。 統合失調症を発症させる理由になり得る原因として日々の生活におけるマグネシウムの摂取不足が挙げられます。 特に、マグネシウムは、人体にとって必須のイオンとされており、日々の健康と生活を支えて維持するのにとても有益な役割を有しています。