TAG

クローン病

  • 2021年9月4日
  • 2021年8月31日

クローン病を抱えた人がマグネシウムを摂取する意義

クローン病は主に口腔内から肛門末端までに至る消化管領域に炎症を起こし得ます。あらゆる部位に炎症性変化や潰瘍を形成する病気であり、慢性的な長い経過のなかで症状が良くなったり悪くなったりすることがあります。症状の再燃を繰り返す特性があるために継続的な治療が必要とされています。クローン病は一度症状が改善しても、再発を繰り返しながら徐々に病状が悪化していくことが特徴です。