妊婦・妊娠中の理想の体重管理

妊婦・妊娠中の体重について

妊婦・妊娠中の体重

特に第一子の場合は、妊娠時の体重管理をどうしていいのか分からず、つわりに悩み、ついつい食べ過ぎたり、その逆であまり食べられなかったりと、体重管理に悩まれる方が多いのが現状です。

痩せ過ぎると赤ちゃんが低体重になる可能性が高まりますし、太り過ぎても分娩時のリスクが増すなど良いことはありません。

体重増加の目安を頭に入れ、その範囲内におさめられるよう、日々の食事を管理してみてください。

妊娠前のBMIを基準にする

妊婦・妊娠中のBMIと理想体重

妊婦・妊娠中にどれだけ体重が増えてもよいかは、妊娠前の体格によって違ってきます。

肥満や低体重の判定に用いられるBMI(Body Mass Index)の値を出してみましょう。

BMI= 妊娠前の体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)

例えば、体重が55kgで身長が157cmの方の場合は55÷1.57÷1.57=22.3となります。

妊婦・妊娠中の体重増加の目安

妊婦・妊娠時の体重増加の目安

母子健康手帳に記載されている、妊婦・妊娠中の体重増加量の目安を体型別にご紹介します。

痩せ気味(BMIが18.5未満)の場合

妊娠後、出産するまでの期間中、9~12kg程度の体重増加が目安です。

妊娠中期以降の推奨体重増加量は、1週間あたり0.3~0.5kg程度を目安にしましょう。

普通(BMIが18.5以上25.0未満)の場合

妊娠後、出産までの期間中、7~12kg程度の体重増加が目安です。

妊娠中期以降の推奨体重増加量は、痩せ気味と同様に1週間あたり0.3~0.5kg程度を目安にしましょう。

太り気味(BMIが25.0以上)の場合

妊娠後、出産までの期間中、おおよそ5kgの体重増加が目安です。

妊娠中期以降の推奨体重増加量は、医師と相談が必要とされています。個人により異なるため、検診の際に確認しましょう。

 

妊婦におすすめの食べ物、妊婦が食べてはいけない食べ物はこちら。

関連記事

妊娠中は、お腹の赤ちゃんに栄養を与え育む大切な期間。そのため特に妊婦の毎日の食事や食べ物には気をつける必要があります。 妊娠中・妊婦に必要な栄養素・食べ物 妊娠期に、必要なエネルギーや栄養素が十分摂取できていない女性が増えている[…]

妊婦の食事

妊婦・妊娠中、特に妊娠後期に半数以上の人が経験する「こむら返り」の原因と予防はこちら。

関連記事

妊婦・妊娠中はこむら返り(足がつる)になりやすい? 妊娠した女性の40~60%がこむら返り(腓返り)・足がつる経験を持つと言われています。 妊娠の初期や中期は比較的まだ頻度は少ないですが、妊娠後期、週数が進むにつれて多くなり、出産後に[…]

妊婦・妊娠中、特に必要な栄養素・マグネシウムとこむら返りの研究結果はこちら。

関連記事

「妊娠中のこむら返り・足がつる症状を軽減するためのマグネシウム摂取」研究論文 アメリカ医学研究論文 文献(米国国立医学図書データベース) [blogcard url=https://www.ncbi.nlm.nih.gov/p[…]

妊娠中の合併症である妊娠糖尿病(GDM)、妊娠高血圧症(HTN)、下肢痙攣(こむら返り)、および妊娠高血圧腎症などとマグネシウムの研究結果はこちら。

関連記事

「妊婦・妊娠中のこむら返り・足がつる症状、合併症に対するマグネシウムの効果」研究論文 マグネシウムは、体温、核酸、およびタンパク質合成などを調節するために必要な必須ミネラルであり、神経および筋肉細胞の電位を維持する上で重要な役割を果たすこ[…]

おすすめアイテム

著作者情報

Toshi Yamanaka

Toshi Yamanaka

栄養ライター

早稲田大学理工学部卒業後、栄養関連の商品開発・情報編集などに15年以上従事。固定観念に囚われず、世界の新しい情報をいち早くキャッチし、既存のデータと組み合わせて新しい付加価値を生み出すことを心がけている。 趣味は、欧米の臨床試験データや研究論文を貪り読むこと。