経皮マグネシウムとマッサージにより、局所的な細胞内マグネシウム値が増加することが判明

「試験管内での経皮マグネシウム吸収試験」研究論文

2011年10月
研究論文

http://www.bioplanet.ee/wp-content/uploads/2014/01/Magnesium-report-Cardiff-Uni.pdf

経皮マグネシウムの効用をまとめた研究データはこちらです。

関連記事

マグネシウム不足の深刻化 近年、マグネシウム不足の人が増えています。 生命の基礎ミネラルとも言えるマグネシウムが不足すると、メタボになるだけでなく、様々な体調不良、そして偏頭痛、心筋梗塞、高血圧、慢性筋肉痛などの原因になることが分か[…]

研究概要

ウェールズ・カーディフ大学のハード博士・ヒューストン博士により、試験官内でマグネシウムオイルを豚の耳組織から経皮吸収させ、その細胞マグネシウム値がどう変化するかを実験

背景

マグネシウムオイルに含まれるマグネシウムが経皮吸収されるかどうかを判断することを目的としている。

結果

実験後の細胞内のマグネシウム値が大幅に増加
マグネシウムを皮膚外部から局所的に浸透させることで、細胞内まで届けることができることが確認された。
また、当該部をマッサージすることにより、より高い浸透効果があることが分かった。

 

経皮マグネシウムの効用は、こちらのページをご参照ください。

関連記事

マグネシウム不足の深刻化 近年、マグネシウム不足の人が増えています。 生命の基礎ミネラルとも言えるマグネシウムが不足すると、メタボになるだけでなく、様々な体調不良、そして偏頭痛、心筋梗塞、高血圧、慢性筋肉痛などの原因になることが分か[…]

おすすめアイテム

著作者情報

Toshi Yamanaka

Toshi Yamanaka

栄養ライター

早稲田大学理工学部卒業後、栄養関連の商品開発・情報編集などに15年以上従事。固定観念に囚われず、世界の新しい情報をいち早くキャッチし、既存のデータと組み合わせて新しい付加価値を生み出すことを心がけている。 趣味は、欧米の臨床試験データや研究論文を貪り読むこと。