CATEGORY

内科的疾患

  • 2021年12月18日
  • 2022年1月18日

まだ間に合う!?妊娠糖尿病を予防するためにやっておくべきこと

妊娠糖尿病自体を事前予防する、そして早期発見に繋げるためにも妊婦健診をきちんと受診して産婦人科医のもとでしっかりと周産期管理を受けるように意識しましょう。 そのような背景がある中で、特にマグネシウムは妊娠中に必要量が通常レベルよりも増加する傾向がありますので、意識して摂りたいミネラルの代表格です。

  • 2021年12月10日
  • 2021年12月3日

糖尿病を発症した人がマグネシウムを摂取する意義

糖尿病は、治療の継続により良好な血糖コントロールさえ適切にできていれば普通の人と変わらない健康な生活を送ることができます。 糖尿病の治療には周囲の病気や治療への正しい理解やサポートが得られる環境づくりも重要な視点です。 糖尿病と診断された場合は生活習慣の乱れが発症に大きく関与している2型糖尿病では、原因となっている食生活や運動習慣の乱れを正す生活指導が行われます。

  • 2021年11月26日
  • 2021年12月3日

尿路結石にならないためにマグネシウムサプリメントを摂取する重要性

通常では、腎臓で濾過された尿は、尿管を通過し膀胱へ溜められて尿道を通って排泄されますが、この腎臓から膀胱、そして尿道の間にできる結石を、通常尿路結石と言います。 小さな結石が腎臓にできても無症状な場合がほとんどですが、この結石が腎臓から流れ出た途中で詰まってしまうと、わき腹~下腹部などの激しい痛みや血尿などの症状が出現することになります。

  • 2021年11月24日
  • 2021年12月3日

急性胃炎にならないためにマグネシウムサプリメントを摂取する重要性

食生活の乱れやストレスなどが原因となる急性胃炎にならないために、胃にやさしい生活を極力送るように常日頃から認識しておきましょう。 そして、私たちのからだの中に確かに存在して色々な生命活動をサポートしてくれているミネラルの中でも、特に現代の人々における心身の健康のために欠かせない代表格が、「マグネシウム」であると言われています。 マグネシウムは生体内の約300種類の酵素をサポートする補助酵素としての重要な役割を果たしていることは周知の事実です。

  • 2021年11月24日
  • 2021年12月3日

腎盂腎炎にならないためにマグネシウムサプリメントを摂取する重要性

主な原因として細菌が膀胱から尿の流れとは逆行性に侵入することによって生じる感染症です。 いわゆる腎盂と呼ばれる部位は、腎臓と尿管の接続部分のことを指します。 一般的には腎臓で作られた尿は腎杯を経由して腎盂に集まり、さらに尿管から膀胱へと流れていきますが、通常は無菌状態です。 ところが、腎盂腎炎では膀胱炎の後に起こることが多く、多くは左右対にある腎臓のうち、片方に細菌が繁殖して起こります。

  • 2021年11月22日
  • 2021年12月3日

冠攣縮性狭心症にならないためにマグネシウムサプリメントを摂取する重要性

この病気になると、心臓の冠動脈(いわゆる心臓や心筋に酸素と栄養を供給する血管)が一時的にけいれん様変化を起こして心臓に十分な血液がフィーディングされなくなるので胸痛発作が生じることになります。 通常の狭心症では運動時や労作時に症状が出ることが多いですが、その一方で冠攣縮性狭心症という疾患では就寝中や安静時においても胸の痛みや胸部違和感などの症状が出現する点が特徴的と言えます。

  • 2021年11月20日
  • 2021年12月3日

肝硬変にならないためにマグネシウムサプリメントを摂取する重要性

肝臓はその一部が線維化して働けなくなってしまっても、残っている細胞が代わりに機能を受け持つことで、しばらくは自覚症状がほとんど出ませんので、症状の出現に気づいた時には肝硬変がかなり進行していたというケースも決してめずらしくありません。 肝硬変では、肝臓の様々な病気やお酒などの影響によって肝臓の細胞が破壊され続けることで肝臓の細胞が繊維のように硬くなり、肝臓の表面がごつごつとした組織のように変化します。