CATEGORY

  • 2021年10月30日
  • 2021年12月3日

肺癌にならないためにマグネシウムサプリメントを摂取する重要性

すでに我が国の男性では胃癌を抜いて死亡率の最も高いがんになっていて、最近では女性にも増えてきている傾向があります。 肺癌は一般的に喫煙歴と深い関係にあることが多く、本疾患を予防するうえで禁煙は欠かせません。 そして、主要ミネラルの一つであるマグネシウムと微量元素は生命活動において重要であり必要不可欠な成分です。 マグネシウム自体は血液中に約1%程度しか存在していませんが、血中におけるマグネシウム濃度は血中カリウム濃度など他の電解質とも密接に関わっており,重要な生体因子であると言われています1)。

  • 2021年10月28日
  • 2021年12月3日

食道癌にならないためにマグネシウムサプリメントを摂取する重要性

統計学的に、女性よりも男性に多いがんとして知られています。 初期段階では食道の表面から発症し始め、がんが進行すると深い層まで侵されることになります。 食道癌が進行すると、リンパ節や他臓器にまで転移してしまうために、早期発見、そして早期治療に繋げることが必要不可欠です。 発症早期の段階では自覚症状がほとんどないことから、健康診断など定期的な検診が必要になります。

  • 2021年10月28日
  • 2021年12月3日

膀胱癌にならないためにマグネシウムサプリメントを摂取する重要性

一般的に、膀胱癌は年齢に加えて、環境中の発がん性物質にさらされた程度が高くなるほどかかりやすくなります。 膀胱癌の罹患率をみると、男性での罹患率は女性の数倍高く、男性の方が女性よりも喫煙者が多くて若いうちに喫煙を始めることと関連していると思われます。 本疾患の主な症状には、血尿や頻尿、排尿時の痛み、尿が残る感じ、切迫した尿意などがあります。 血尿には、尿の色が赤や茶色になり目で見てわかる血尿と、顕微鏡で確認できる血尿があります。 膀胱癌の予防には、まずは禁煙することが最も重要です。

  • 2021年10月26日
  • 2021年12月3日

胃癌にならないためにマグネシウムサプリメントを摂取する重要性

筋肉や粘膜でできている胃壁の中でも最も内側にある粘膜の細胞が何らかの原因でがん細胞となり増殖することで生じると言われています。 50代以上の男性が発症することが多く、胃癌の発症リスクとしてまずはヘリコバクター・ピロリ菌の感染が挙げられます。 胃癌の発生要因としては、ヘリコバクター・ピロリ(ピロリ菌)の感染以外にも喫煙歴、食塩や高塩分食品の摂取などが本疾患を発症させる危険性を高めることが報告されています。