CATEGORY

症状とその対処法

筋肉痛、こむら返り(足がつる)、むずむず脚症候群、月経前症候群、妊娠時の痛み、偏頭痛などの症状がある場合、マグネシウムがその予防・解消に役立つ可能性がある情報をまとめました。 マグネシウムを処方することで、非常に多くの症状を緩和できることが分かっており、これらは科学的および医学的研究結果に裏打ちされています。

  • 2021年9月21日
  • 2021年9月3日

メタボリックシンドロームを抱えた人がマグネシウムを摂取する意義

メタボリックシンドロームは日々の運動不足、日常的に偏った食生活、また睡眠不足など生活リズムの乱れやストレス、喫煙歴といった好ましくない生活習慣が積み重なることによって生じます。 特に偏った食事に関しては、メタボリックシンドロームの発症に大きく関わっており、適正カロリー数をオーバーした食事内容や脂質・糖質・塩分の多い食事スタイルには十分注意しましょうね。 また、メタボリックシンドロームは、好ましくない生活習慣によって内臓脂肪が蓄積されてしまうことが大きな原因となっています。

  • 2021年9月14日
  • 2021年9月3日

パニック障害を抱えた人がマグネシウムを摂取する意義

パニック障害では基本的にパニック発作を何度も繰り返す経過をたどります。 はじめの頃は発作に対して過大な心配をしてくれていた家族及び友人や職場の同僚たちも、医療機関で調べた結果で体のどこにも異常がないと判明すればだんだん理解されなくなってきます。 本当のところは、とても症状発作が苦しくて不安に苛まれているのに、誰からも理解されず協力してもらえないことは大変つらいことです。 パニック障害に陥った時にはマグネシウムを摂取すると症状が改善される期待感があることを知っておくと良いでしょう。

  • 2021年9月12日
  • 2021年8月31日

うつ病を抱えた女性がマグネシウムを摂取する意義

うつ病はストレスを誘因にして発症することが多いために過度なストレスがかからない居住環境において心の休養を十分にさせることが重要です。 たとえば、仕事量が急激に増加したことがきっかけでうつ病を発症した場合には仕事量の軽減や自宅療養して安静を保つなどの措置が行なわれます。 そして、マグネシウムは、人体にとって必須のイオンとされており、日々の健康と生活を支えて維持するのにとても有益な役割を有しています。

  • 2021年9月2日
  • 2021年8月23日

若年女性がマグネシウムを摂取する意義

精神的にも不安定になりやすい妊娠期に妊娠悪阻を何とか改善したい、あるいは元気な赤ちゃんを無事に出産したい若年女性の方はマグネシウムをはじめとするミネラル摂取を意識した快適な日常生活を過ごせるように工夫しましょう。 そして、若年女性では頭痛やうつ症状と上手に付き合っていくために、食事内容やサプリメントをうまく活用することによって症状を軽快させて実り多い生活を送りましょう。

  • 2021年8月29日
  • 2021年8月20日

妊婦がマグネシウムを摂取する意義

これらの妊娠初期における妊婦さんの体調不良には、主にビタミンやミネラルの不足も大きく影響していると言われています。 そして、妊娠中に特に重要になる栄養素には、葉酸やビタミンB群、そして鉄分に加えてカルシウムやマグネシウムなどが挙げられます。 妊娠期には、ホルモンの分泌が通常期と異なるため、妊婦さんのカルシウム代謝に大きな影響を与え、胎児の骨成分を作るために母体のカルシウム量が減少して、骨が脆弱になりやすくなります。

  • 2021年8月17日
  • 2021年8月17日

マグネシウムクリームと冠動脈疾患

【はじめに】 さて、本来人間には17種類のミネラルが必須元素であると考えられており、人体内において主要ミネラルであるマグネシウムは、生体内におけるすべてのエネルギー活動の場で重要な役割を担っています。 […]

  • 2021年8月15日
  • 2021年8月17日

マグネシウムクリームとむずむず脚症候群

【はじめに】 目下のところ、多種多様な病気に対してマグネシウムを治療的に用いる手法については、これまでも海外本邦問わずに多くの研究が行われてきました。 マグネシウムは特に、脳や心臓、そして何よりも筋肉 […]

  • 2021年8月13日
  • 2021年8月10日

マグネシウムクリームと高血圧

【はじめに】 さて、人間には17種類のミネラルが必須元素であると考えられており、人体内で数えて7番目に多いミネラルであるマグネシウムは、生体内におけるすべてのエネルギー活動の場で重要な役割を持っていま […]

  • 2021年8月11日
  • 2021年8月10日

マグネシウムクリームと熱中症

【はじめに】 さて、本格的な夏のシーズンには熱中症にならないように注意が必要です。 熱中症は一歩間違えれば生命にかかわる重大な病気ですが、予防法を正しく知って理解していれば防ぐことができます1)。 真 […]