CATEGORY

高齢者

  • 2021年12月15日

老年性うつ病を予防するのに今マグネシウムが注目されている?

そのような中で、私たちのからだの中に確かに存在して色々な生命活動をサポートしてくれているミネラルの中でも、特に現代の人々における心身の健康のために欠かせない代表格が、「マグネシウム」であると言われています。 高齢者の方にはあまり馴染みが少ないかも知れませんが、近年ではマグネシウムサプリメントが広く普及しており、酸化マグネシウムやクエン酸マグネシウム、塩化マグネシウムなど色々な形で容易に入手できますので気軽に摂取することが出来る有用なツールです。

  • 2021年12月14日
  • 2021年12月28日

高齢者がマグネシウムを摂取する意義

一般的には、高齢者においては若年成人と比較して食事からのマグネシウム摂取量が減少すると言われています。 さらに、加齢に伴って腸管でのマグネシウムの吸収率が低下し、腎臓からのマグネシウムの排泄量が相対的に増加する傾向があります。 また、高齢者は若年者に比べて慢性疾患に患いやすく、マグネシウムの状態を容易に変化させる薬剤を服用していることも多くみられるために、マグネシウムが体内で欠乏するリスクが上昇することが懸念されています。

  • 2021年9月8日
  • 2021年12月3日

急性冠症候群を抱えた高齢者がマグネシウムを摂取する意義

冠動脈が動脈硬化を起こすと、脂質異常症のみならず高血圧などが誘因となって形成される冠動脈の硬化性変化に伴って冠状動脈の血行障害が起こり急性冠症候群を発症することに繋がります。 急性冠症候群の予防や治療については、まずは基本的には日々の生活習慣スタイル、つまりマグネシウムなどのミネラルを意識した食事内容と定期的な運動による改善という観点を中心に行います。

  • 2021年9月5日
  • 2021年12月3日

運動する人が熱中症予防にマグネシウムを摂取する意義

熱中症については、従来から高温多湿環境下での労働や運動による活動で多く発生しており、多かれ少なかれ運動する人にとっては死活問題です。最近ではヒートアイランド現象や地球温暖化による影響により、運動時以外に一般環境においても熱ストレス源が増大して、ただでさえ日常生活レベルにおいても熱中症が起こりやすいことが指摘されています。周知の事実ですが、体の中の水分が不足すると、熱中症をはじめとしてさまざまな健康障害のリスク要因となります。